ラップ

掌幻さんがラップスクールの講師を続けるたった一つの理由

こんにちは。
CHIMARUです。

先日、ラップの師匠掌幻さんとお話している中で
“ラップスクールの講師を続ける理由”の話になりました。
その理由がとても面白かったので、シェアします。

ラップスクール創成期

掌幻さんは最初、ラップスクールの講師をやる!と決まった時

掌幻
掌幻
なんだそれ?

と思ったそうです。

掌幻さん自身は、仲間や友達とサイファーを続ける中でライブやMCバトルに自分の力で出場し、音源のリリースや数々のバトルでの優勝を勝ち取っていきました。

そんな掌幻さんにとって、ラップスクールのような場所は
「必要か?」という認識が、少なくとも開始最初はあったとのこと。
※しばしばラップスクールがディスの対象になるのは、ラッパー間でこういった認識があるからかもしれません。

しかし、生徒との交流、音源やライブでの真剣な姿を真横で見ていくうちにその考えが、

掌幻
掌幻
ラップスクールに来る人はラップするきっかけがなかっただけだったんだ

という考えに変わっていったそうです。

掌幻さんが講師を続ける理由 ~選択肢としてのラップスクール~

ラップスクールでは、掌幻さんもACEさんも、TVの前で見ていた憧れの人が
目の前にたって、親身になって、ラップを指導してくれます。

ただ、ラップスクールに通わなくとも
色々な場所で、いわいる“野良サイファー“はたくさん開催されています。
そこで始められる勇気がある人は、そこから始めることもできます。

ラップスクールに通って得られる一番大きなものは、ラップの技術でも実績でもなく、

同じ志の仲間であり、“ラップを始める、続けるきっかけ”です。

※もちろん技術もたくさん学べますw

掌幻
掌幻
ラップスクールは、ラップを始める選択肢として、とても有意義なものである

との確信から、掌幻さんはラップスクールの講師を続けています。

この“選択肢を増やす”という活動に、僕は大きなリスペクトと感謝の念を抱いています。

僕自身もラップスクールに救われた一人

かくいう僕も、ラップするきっかけを探していた一人でした。

長らくの間、ラップには興味があるけれど怖くて手が出せない状態でした。

何が怖かったかというと、

・ラップの現場は不良ばっかりがいるんじゃないか  というカルチャー面

・初心者だからいきなり現場にいったら馬鹿にされそう という心情面

2つが怖さがありました。

そんな中、ラップスクールを見つけて、大きな魅力を感じました。

・不良じゃない人もたくさん参加していそうだったし、

・初心者が集まる環境だから、馬鹿にされることはないだろう

と、カルチャー面でも心情的面でも、いきなり現場にいくよりはハードルが低かった。

金銭的にも、時間的にも、場所的にもラップスクールに通う条件がそろったので、2018年2月からラップスクールに通いました。
ラップスクールがラップするきっかけをくれたところから、あれよあれよ、とても楽しい日々が始まりました。

ラップを始めました!こんにちは。CHIMARUです。 HIPHOP、最近かなり流行ってますよね。 ・フリースタイルダンジョン ・高校生ラップ選...

 

ラップスクールで提供しているもの

ラップスクールはラップをするきっかけを提供しています。
でも、あくまで“きっかけ”です。

そこから

・ラップを始める もよし

・ラップを語れる仲間を作る もよし

・活動を眺めている もよし

全ては自分次第です。

ただ、ラップスクールにいくだけで、ラップが上手くなるわけでも、成功できるわけでもありません。
きっかけを機に、
いかに「自分の行動に落とし込んでいくか」が重要だと思っています。

ラップ仲間を見つける機会

僕自身も“選択肢を増やす”という活動への共感が爆発し、いてもたってもいられなくなって

ラップスクール在学中に、オンラインサイファーを立ち上げました。

オンラインサイファー

ラップを始めたくても始められなくて
金銭的にも、時間的にも、場所的にも
ラップスクールにも通えない、という人もたくさんいると思います。

そういった人達に、よりハードル低くラップを始めるきっかけを提供したい。
ラップを始めなくても、ラップの音源やバトルについて、気軽に話せる仲間が欲しいという人にも入会して欲しい。ラップ仲間をハードル低く見つける機会を作り続けたい。

踏み出せない人へ

もしこの記事を読んでいるひとで、踏み出せない、という人がいたら

TwitterのDMやFacebookメッセージに、問い合わせだけでもくれると嬉しいです。

僕も踏み出すのに、2年以上の月日がかかりました。だからこそ、その人それぞれにあった“きっかけ”が提供できればいいなと思っています。